基礎代謝 平均

基礎代謝量の平均を知ることはダイエットの近道

ダイエットなどにおいて基礎代謝量の重要性が言われますが、基礎代謝量とはそもそもなんであるのか、実感が湧かないのではないでしょうか。
普段、カロリー計算をして食事を作る時などに、この基礎代謝量をしっかり把握することで、ダイエットや食事制限をしなければならない人には、大変重要になるのです。
健康を気遣う人なら、基礎代謝量をしっかりと理解しておいて損はないです。

基礎代謝量は、人間が何もしない時、ただ、生命を維持するためだけに必要なエネルギーだと言うことは前回でも述べました。
基礎代謝量は、<基礎代謝基準値>×<体重>で求められます。

厚生労働省の日本人の食事摂取基準の表によると、1歳から70歳以上の各年齢の、男性、女性の平均的な体重が表示されているので、それを参考に計算できるので、食事制限の必要な方などは、しっかりと参考にすべきですね。

低年齢の子供の時には、基礎代謝量は男性・女性ともに、700〜1000キロカロリーくらいですが、15〜17歳くらいになりますと、特に男性の場合、体格がしっかりとしてきますので、基礎代謝量は急激に増えていきます。

成人男性の平均は、1,500kcal。
成人女性の平均が1,200kcal。

しかし、それらの数字は、あくまでも、基礎代謝量の平均としての目安ですから、体格の違いによって差が出ます。
大切なことは、自分の基礎代謝量を知ることです。

家電専門店に行きますと、基礎代謝量を計ることができる体脂肪計が、いくつかのメーカーから販売されていますので、試しに体脂肪計で量ってみるのも良いです。

簡単に計測できますので、そのような便利な道具を使うことにより、自分の基礎代謝量は平均よりも多いのか、少ないのかを確実に、かつ簡単に知ることが大切です。

ダイエットされるのであれば、体脂肪計を購入して日々チェックして、体調管理にも役に立つことでしょう。

およそ、基礎代謝が使われる部位は、筋肉が最も多く38%、次に肝臓が12.4%、胃腸7.6%…といった順番です。

内臓の運動量を増やすことはできないのですが、筋肉量を増やすことで、基礎代謝全体の量を増やし、消費エネルギーの量を上げることが可能なので、年齢が上がって太り気味と気にされるのであれば、筋肉量を増やすことを念頭に置かれて、運動をすることが大切ですね。

つまり、燃焼しやすい体作りを目ざすと言うことです。

メタボリック症候群と言う言葉が広がり、体重を気にされる方が多いかと思いますが、基礎代謝量の平均を先ず知ることから、自身の健康管理に繋がるということです。
食事制限などのダイエットや、ダイエットサプリメントなどによるダイエット、体調維持管理においても、自身の基礎代謝量を把握することが、健康維持に大変役に立つことでしょう。

せっかくダイエットに成功しても、体調を壊してしまったら、ダイエットの意味がないです。

基礎代謝 計算

健康のために自分の基礎代謝を知ろう!

基礎代謝とは何かと申しますと、呼吸や体温調整など何もせずにじっとしていても、生命を維持するために消費されるエネルギーのことで、人間が生きていくうえで絶対に消費されるエネルギーを指します。
耳慣れない言葉ですが、自分自身の健康管理やダイエットをする際にも、基礎代謝に関してしっかりと知っておくことは大切です。

基礎代謝の計算をやってみる前に、基礎代謝についてもう少し詳しく説明しましょう。
単純にいうと、全く動かなくても身体が必要とするエネルギーということになります。

人間は、何もしないで寝ているとかじっとしているとはいっても、息はしないとならないですし、体の中の機能は、じっとしていても絶えず動いているのです。

つまり、基礎代謝とは、呼吸、体温調節、循環器や消化器などを動かすといった、人間が生きていくのに最低限必要な機能を維持するためのエネルギーです。

この基礎代謝量は、成人男性で1日1200〜1500kcal程度、成人女性で1000kcal〜1200kcalが一般的なエネルギー量といわれております。

基礎代謝の代表的な計算式として、18才以上を対象にした「ハリス・ベネディクト方程式」というものがあります。

この計算方法は、主に欧米で用いられている基礎代謝の計算式です。

日本人と欧米人では、体型に違いがあるので、そのまま鵜呑みできない点もあり、多少数値が高く出てきたりします。

参考に計算方法ですが、
男性の場合、
66.47+(13.75×体重kg)+(5.0×身長cm)−(6.76×年齢)= 基礎代謝量(kcal/日)
女性の場合、
665.1+(9.56×体重kg)+(1.85×身長cm)−(4.68×年齢)= 基礎代謝量(kcal/日)
基礎代謝の計算は、結構、面倒くさいですね。

最近は、WEB上で数値を入力すれば、計算してくれるというのもありますが、実際に電卓をたたいて、自分で計算することで、基礎代謝に対する意識付けをして、健康管理に役立てたいものです。

とくに、ダイエットするのであれば、基礎代謝の計算は必要になるでしょうから、より実感が湧く自分での計算が良いと思います。

自分の健康管理やダイエットには、基礎代謝は重要な意味があります。
ダイエットをする際の食事療法において、自分は基礎代謝がどれくらいだから、1日に必要なカロリーが分かり、これ以上摂取したらダイエットにならないということが分かります。
何事も基礎、基本は、しっかりと身に付けておくに越したことはないというわけです。

プライバシーポリシー

本ウェブサイトのプライバシーポリシー

本ウェブサイトのプライバシーポリシー

クッキーおよびWebビーコンについて

本ウェブサイトにおいては、クッキー(Cookie)又はWebビーコンと呼ばれる技術を使用しているページがあります。クッキーとは、Webサイトが皆様のコンピュータのハードディスク上に置かれたブラウザのクッキー・ファイルに転送する文字のみの情報の連なりであり、これによりWebサイトは利用者を識別できるようになります。クッキーには通常、クッキーの送信元ドメインの名称、クッキーの「寿命」に加え、1つの値が格納されています。通常、この値はランダムに生成されたユニークな数です。クッキーの使用は業界の標準となっており、多くのサイトで、カスタマーに有益な機能を提供する目的でクッキーが使用されています。クッキーにより、カスタマーの使用するコンピュータは特定されますが、カスタマー個人を特定できるわけではありません。また、Webビーコン(クリアGIFと呼ばれることもあります。)は、特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術です。
当サイトにおいて、以下のような場合にクッキーを使用することがあります。
利用者ごとにカスタマイズされたサービスを提供するにあたり、利用者の利便性を考慮しクッキーを使用することがあります。このクッキーは、利用者がカスタマイズされたページへアクセスしたとき、またはログインするときに設定されます。
本サイトを利用する利用者数を計るために使用する場合があります。
掲載された広告についてもクッキーを使用する場合があります。

クッキーの無効化と有効化

ブラウザの設定を変更すると、クッキーの受け入れ可否を選択できます。また、ブラウザのクッキー・フォルダに保存されているクッキーを削除することもできます。ただし、クッキーを無効化したり削除すると、当社サイトで一部の機能が使用できなくなることがあります。ご利用のブラウザでクッキーを無効化したり削除する方法がご不明な場合は、ブラウザのヘルプ機能で「クッキー」を選択し、詳細を確認してください。

<<前の10件  1 2 3 4  


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。