健康体操

健康一番のダンベル体操

運動不足で悩む人は多いと思いますが、自宅で手軽にできる体操として、ダンベルを利用した体操はいかがでしょうか?

ダンベルは、スポーツショップなどで安価に手に入りますし、運動不足解消にもってこいでしょう。

ダンベル体操の良いところは、広い場所を必要としないところですね。

それこそ、デスクの前で座りながらでもできるところが、オススメです。

デスクワークは、どうしても身体を動かすことが少ないですから、体をあまり動かしていない人にとっても、気軽にスタートできる体操として、今注目でもあります。

本格的なウエイトトレーニングとなると、結構、指導が必要なこともあります。

体に負荷がかかり過ぎて、長続きしないことが多いですね。

ダンベル体操の場合なら、自分に合ったスタイルでできますし、無理の無い適当な重量のものを選んで始められるなど、長続きできると思います。

ダンベル体操で、ダイエットをするというよりは、手短に筋肉を鍛えることにより、基礎代謝が高まる体操だと思ったほうが良いのです。

これはとても良い事で、少しずつ脂肪が燃焼しやすい体に変身することは、身体に負担が掛からないのです。

ダンベル体操は、身体を活性化して、筋肉も付き、軽い汗もかいて気持ち良いから続けると言う意識が大切でしょう。

ダンベル体操のポイントは、呼吸法にあると思います。

なるべくたくさんの酸素を取り込むこと、口ではなく鼻から吸い込むことも大切です。

ウォーキングと組み合わせて行うことで、より一層、効果が期待できます。

サウナスーツを着用すると、汗をたくさん出すこともできて、スッキリ感もかなり得られると思います。

女性の中には、ダンベル体操で筋肉が付きすぎてマッチョになってしまったらどうしようと、心配する方もいらっしゃるかもしれませんが、心配はご無用です。

ダンベル自体をだいたい2キロから3キロくらいにして、負荷が掛からないようにしますと、筋肉はそんなには付かないのです。

それに、女性の場合ですと、脂肪は比較的つきやすいのですが、筋肉はなかなかつかないから、むしろ軽いダンベルで、継続することで体力も付いてきます。

スポーツ用品店や、ホームセンターなどでも、ダンベルは売っていますから、気軽にできます。

自分に合ったダンベルを探して、楽しく続けましょう。

ダイエット食品による方法と比べますと、ダンベル体操は、健康的に身体を維持し易いと思いますし、費用もそれほど掛からないと思います。

高いお金を掛けて、リバウンドに悩むか、こつこつと気持ち良い汗をかいて健康を維持するか、あなたはどちらが良いですか?

>>ダンベルはこちらで探せます

健康体操

腰痛体操で、腰痛の予防をしましょう

誰でも身体のどこかしらに、痛みを抱えている人は多いと思いますが、中でも肩こりと腰痛の人は、特に多いと思います。

仕事柄、中腰での作業が多い人は、特に腰痛を抱えていることが多いようです。

そういった腰痛から開放されるならば、どれほど良いかと思うのですが、なかなか痛みが解消されなくて、悩んでいるかとも思います。

そこで、今回は、腰痛体操というものを紹介してみたいと思います。

腰痛体操という言葉を、最近、よく耳にすることが多いのではないでしょうか。

市民の健康増進のためにと、各自治体などで開催される体操教室においても、腰痛体操というメニューがあったりするので、かなり浸透してきているかもしれません。

腰の痛みに対し行う体操ではありますが、腰痛体操をしたからと言って、腰痛が治るというのではなく、腰痛の予防をしていくというものです。

腰痛を治すというよりは、腰痛になりにくい身体になるという予防であり、腰周りの筋肉を鍛えるという感じだと言ったほうが良いかもしれません。

腰痛体操のまず重要なポイントは、正しい姿勢をして、腰周りの筋肉をほぐすということです。

運動不足などにより、弱くなった筋肉を鍛えていくわけです。

軽いストレッチをして、固まった筋肉をほぐし、血行を良くし、新陳代謝を高め、リラックスした気持ちになることが大切です。

では、腰痛体操の基本を簡単に説明します。

まず、椅子に浅く腰掛けます。

そして、股を開き背筋を伸ばします。

息を吐きながら、ゆっくりと頭が両足の間に入るぐらいに上半身を曲げ、そして、3つ数えてから、ゆっくりと上半身を元の状態に戻します。

腰と背中を伸ばすというのがポイントの体操で、何度か繰り返すと良いでしょう。

次に、椅子に深く腰掛けておいて、背筋・両腕・肘を充分に伸ばし、胸を大きく張るようにします。

ポイントは、大きく息を吸いながら、ゆっくりと後ろに上半身を反らせようにすることです。

反らした状態で、息を止め、「1.2.3」と数えたら、息を吐きながら元の姿勢に戻します。

これも何度か繰り返すと良いでしょう。

簡単な体操ではありますが、このストレッチに似たような感じが、腰周りの筋肉に少しずつ働きかけて、筋肉を鍛えていくのです。

筋肉は、過度に鍛えようとしますと、反発し悲鳴を上げます。

ですから、無理をしてはいけないのです。

ゆっくりとリラックスした気持ちで行なうのが良いのです。

昨今は、インターネットでサイトを検索してみますと、腰痛や、腰痛体操について数多く紹介されていますね。

それぞれ微妙に違っているかと思います。

自分にあった感じの腰痛体操を見つけるのが良いでしょう。

また、紹介している腰痛体操は、どれも簡単にできるものばかりですから、続けられると思いますので、三日坊主にならないようにしましょう。

腰周りの筋肉をじっくりと鍛えていくことが大切なので、できる限り続けて見ましょう。

健康体操

心身ともにすっきり骨盤ダイエット

お腹周りにつく脂肪って、さわると明らかにぶよぶよしていて、見るからに体型を悪くしていると言うのが分かります。

お腹周りは、特にダイエットしたいですよね。

メタボリックって、見た目かっこ悪いですから。

引き締まった筋肉なら、ぶよぶよではない弾力感があり、スマートな感じに体型をしてくれるので、同じ痩せるなら、脂肪だけ取れて欲しいと思います。

ところで、お腹の周り、特に下腹ですと、腰回り(臀部の所)につく、筋肉・脂肪は、それなりに意味があるんです。

筋肉・脂肪は、身体の中の器官を守る役割もあるので、全くだめと言うことではないのですが、ただ、余計な脂肪のつき過ぎだけは、困ったものです。

今回、紹介する骨盤体操なのですが、普段の生活では使わない部分に、刺激を与えること脂肪の燃焼を促進させるような効果が期待できるので、試してみていただくと嬉しいです。

普段の日常生活の中では、腰を回すという動きって、ほとんどといっていいくらい、無いと思って間違いないです。

ラジオ体操を毎日していれば別ですが、、、

なので、腰を回すという腰まわしを、しっかりと意識しながら、ゆったりと回すことを心がけるようにすれば、腰周りの脂肪が取れて、筋肉も少しずつ引き締まってきます。

立ったままでの腰を回す場合の注意ですが、腰から上の体の軸をぶらさないこと、頭から足に向けて垂直の軸を通す意識が大切です。

また、上体を前後、左右に倒すだけの体操でも、効果は十分あります。

毎日少しずつで良いですから、続けることが大切です。

鏡を見ながら体操ができるならば、自分の姿勢がよく判りますし、よりやりやすくなると思います。

骨盤体操の良いところは、立って行う方法ばかりでなく、仰向けになったままでもできるところが良いところでもあります。

軽く足を開き(肩幅に合わせる感じで)寝たままで行なう方法です。

足の甲を伸ばし気味にして、左右の親指を床につけて、足を床から25cm〜30cm上げるというもので、手を使わずにブリッジをするような感じです。

そのままの状態を5秒間ほど、保つようにして、また元の状態に戻します。

決して無理をしないで、自分のペースにあわせて、5回から10回ほど繰り返すようにして見て下さい。

簡単なことですが、一度に力を使いすぎると、普段は使っていない筋肉ですから、痛める可能性もあります。

筋を痛めたりしたらもともこうもありません。

何と言っても、毎日続けることがダイエットの早道だと心得てください。

骨盤が正しい位置に戻ってきて、体の歪みが改善されてくるならば、自然とダイエットになっているはずです。

最初の1週間くらいは、効果を感じないと思いますが、大体、3週間を過ぎるくらいから、少しずつダイエットを実感できると思います。

毎日、気持ちを楽にしながら取り組むのが、長く続けられるコツだと思います。

心身ともに、スッキリとした気持ちで行なうことが大切です。

健康体操

ダイエット体操は健康に良いダイエット法

ダイエット体操がお手軽で、お金も掛からないということで、注目されていますね。

いろいろなダイエットを試してみたけど、なかなかうまく行かない人は、試しにこのダイエット体操をしてみませんか?

簡単ですよ。

まず、目を覚ましたら、ストレッチをすることなんです。

簡単なストレッチによるダイエット体操の一つを紹介しますね。

深呼吸をしながら体を伸ばすストレッチによる体操は簡単ですから、何としてでも痩せなくてはいけないと言う気負いは必要ありません。

布団の中で、あおむけになって寝たままの状態で、手のひらを上に向けて伸ばし手を組みます。

そして、鼻から息を大きく吸い込みながら、手足をグーンと伸ばして伸びをするのです。
この時、吸い込んだ息はお腹のおへそのしたあたりに吸い込むようにするのが良いようです。

気功法にも、この呼吸法があるようです。

息を吸いきったら、鼻と口から一気に息を吐いて全身の力を抜いてしまいましょう。

目が覚めてからの2、3分くらいでできるダイエット体操は、頭の中をスッキリさせてくれ、目覚めもよくなります。

また、寝てストレッチをしている間に、開いた骨盤を閉める効果もこのダイエット体操にはあると言えるでしょう。

何よりも、簡単な方法というのが一番ですね。

朝覚めて寝たままでできるなんて超簡単。

でも、リラックスしすぎて、ダイエット体操の後また寝てしまうなんてことの無いように気をつけましょう。

ダイエット体操の中には、このように簡単で気軽に一人でするもの以外に、いろいろありますね。

スポーツクラブや地域の公民館といった場所で、本格的にやるものもあるようです。

スポーツクラブなどでのインストラクターに、正しく教えてもらいながらやるのは、効果が一層あがると思います。

それに、回りに人がいて一緒に行うと言うことでも、自然と気合も入って来ますよね。

ダイエット体操は、スポーツクラブなどのインストラクターの他にも、DVDや関連書籍を購入して、見ながらやってみると言うのも良いでしょう。

ストレッチ体操や、ヨガにピラティス、ウォーキングに、最近はやりのフラなどなど、様々ありますが、自分にあったものを選ぶのが良いと思います。

楽しく続けられるものが一番だと言えます。

ラジオ体操なんていうのも以外とアリだと思います。

ダイエット体操と一口に言ってもいろいろありますから、無理なくできるものが継続の秘訣かもしれません。

自分の体力や好みに一番合う体操であること、何よりも無理なく続けられること、この2点を考慮して、選ぶのがベストと言えます。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。