禁煙

禁煙パッチは効果があるか?

タバコを吸っている人にとって、タバコが身体に悪いことは分かっていても、なかなか止められないのがタバコなのです。

できれば止めたいのだけれども、、、今のご時世、タバコでも吸わないと一息つけないのだよというのが本音なのかもしれませんね。

タバコを止めて健康を保てるようになる為のグッズとして、禁煙グッズがありますが、中でも禁煙パッチは、禁煙する人の良い見方ですね。

喫煙者の症状の一つに「ニコチン依存症」があります。

このニコチン依存症は、脳内の作用が原因でアセチルコリン受容体の種類の1つであるニコチン受容体に、タバコから摂取したニコチンが結びつくことによって起こるのですが、一種の麻薬ともいえるものでもあるようです。

禁煙パッチは、ニコチン依存症を緩和するもので、タバコから摂取するニコチンの代わりに、腕に張る禁煙パッチからニコチンを身体に供給するようにして、タバコを吸う衝動を抑えようというものです。

タバコからのニコチン摂取を押さえるものですから、タバコを吸うことで身体に入るタールなどの有害物質を、まず防ぐようにすることが一番の目的ともいえますね。

禁煙パッチは使用が簡便で、禁煙パッチに含まれるニコチンを腕の皮膚から取り込むというものなので、腕につけさえすればニコチンが自然と吸収されて、ニコチン受容体に結びついて行くようになるのです。

禁煙パッチの弱点としましては、「ニコチンを体内に入れたい」という欲望は抑えられるのですが、喫煙衝動というものは、タバコの香り、煙、味も複合されているものなので、禁煙パッチでニコチンを体内に取り入れるだけでは、「ニコチン依存症」を完全に解消するところまでは行かないようです。

とわいえ、禁煙パッチで禁煙ができた後、パッチの使用回数などを減らしていくことにより、ニコチン依存性からの脱却することも可能なので、効果が無いとはいえません。

禁煙パッチは禁煙グッズの一つですが、その他の禁煙グッズと併用することで効果も上がります。

ただ、禁煙パッチで注意していただきたいことは、皮膚に貼るものなので、皮膚が弱い人はかぶれたりすることもあるということです。

一般的には、喫煙者の多くは、タバコの味や香りも楽しんでいますので、ニコチンだけを体内に入れる禁煙パッチで満足することは少ないかもしれません。

「禁煙パッチ」で完全に禁煙ができると言うものではなく、禁煙のための補助材として「禁煙」を成功させようといものですから、最も重要なことは本人の意識と意思であることは間違いないです。

安易な気持ちだけでは、禁煙は難しいともいえますね。

禁煙を目指す上でのポイントとしては、「禁煙グッズ」などの補助材料をうまく利用しながら、強い気持ちと意思を育てることも大切だと言うことです。

禁煙

禁煙グッズのおすすめは?

喫煙は自身の健康を害するばかりでなく、周りの人にも悪影響を及ぼし、あるデータでは、喫煙をしている人よりも、その近くでタバコの煙を直接吸っている人のほうが、健康を害しやすいとも言われています。

いろいろなタバコの害もあって、現在、健康増進法の施行により「分煙」や「全面禁煙」の場所が、公共のところを中心に増えてきており、「禁煙」が求められています。

薬物依存症にもいろいろありますが、中でも「禁煙」は、ニコチン依存症を解消することなので、比較的軽い方の部類に入るようです。

しかし、完全に「禁煙」することは難しく、「禁煙ほど簡単なものはない。何度でもできるから」といわれるほど、軽く考えがちで現実にできていません。

それゆえに、世の中には「禁煙グッズ」が数多くあると言うわけです。

ところで、その「禁煙グッズ」ですが、いろいろな種類がありますね。

★ニコチンをたばこ以外から供給して禁煙へと導くもの:ニコレットやニコレットパッチなどの商品がそれで、ガムやパッチを使ってニコチンを体内に取り入れて、禁断症状を抑制し禁煙に結びつけます。

★禁煙グッズというよりは治療薬に近く、経口薬で禁煙するもの:ニコチンは含んでいなく、代わりに薬の有効成分がニコチン受容体と結合することで、喫煙から得られる満足感を抑制するとしています。

禁煙パイプ:ニコチンや薬を使わずに、香料や刺激剤をパイプのフィルターに仕込んでおき、喫煙衝動を紛らわせる禁煙グッズ。
禁煙した際の口寂しさを感じるところを紛らわせるて、香料などからの刺激で喫煙願望をやわらげさせる。

禁煙飴:たばこを吸う代わりに飴を舐めるという、単純なことによって気を紛らわす禁煙グッズ。
飴のリラックス成分による喫煙衝動を紛らわせるタイプと、たばこが少しずつまずくなるタイプの2種類があります。

電子タバコ:最近はやりなのですが、たばこを吸う感覚で使う電子たばこで先端が赤くなり、無臭の煙も出る充電式のたばこ。
吸った感覚になりますので、禁煙グッズと言えます。

禁煙グッズによって、禁煙をしようとした場合、禁煙グッズの中には、禁煙が難しいものもあるようで、逆に禁煙グッズが手放せなくなるなどの副作用的なものもあるようです。

究極の禁煙グッズとは、自分の「禁煙の意思」であると言えるかもしれません。

禁煙

喫煙は依存症と言う病気なのです

喫煙から想像される病気の代表的なものとして、肺がんがあります。

現在、肺がんで死亡される人は、年間5万5,000人であり、2015年にはその数が12万5,000人にまで増加するのではないかと予測されているのです。

原因は、戦後間もない時期に喫煙を開始した20歳前後の世代が、70代、80代の肺がんになりやすい年齢に達していることがあげられます。

肺がんの発症率を抑えるためにも、禁煙というのは必要なことなのです。

そこで、喫煙と言うものを、治療が必要な脳の病気と考えて、禁煙のための治療を行うことを禁煙治療と言うのだそうです。

従来の考え方では、禁煙治療と言うものに健康保険適用はありませんでしたが、2006年4月から適用が可能になり、禁煙治療に対する考え方が変わってきました。

禁煙治療を健康保険適用で受ける為には、以下のつの条件を満たすことが必要となっています。

1、10項目の問診でニコチン依存症と診断されること
2、プリンクマン指数(1日の喫煙本数に喫煙年数をかけた値)が200以上あること
3、直ちに禁煙することを希望していて、医師から禁煙治療の説明を受けて文書で合意すること

この3つの条件を満たすならば、禁煙治療を12週間にわたって受けることができるようになったのです。

禁煙を切望する人にとっては、大変ありがたいことですね。

禁煙治療の代表的な禁煙補助剤である「ニコチンパッチ」は、禁煙治療に健康保険適用が始まったときには健康保険適用外でしたが、2006年6月に健康保険の適用が可能となり、禁煙をしようとする人にとっては、朗報でもありました。

ニコチンパッチはニコチンを含んだ貼り薬なのですが、これを腕に張ると少しずつニコチンが体内に浸透し、ニコチンの禁断症状を抑えながら禁煙ができるようになると言う禁煙補助剤です。

禁煙治療を行う健康保険適用施設は、健康保険の適用に伴い、2006年7月に2900カ所だったものが、2007年1月末で4251カ所へと急増しています。

現在、社会的にも禁煙指向が強くなってきて、愛煙家・喫煙家のかたでも禁煙希望が増えてきています。

いずれは、「禁煙治療」も一般的になって行くことでしょう。

喫煙は、根本的には薬物依存症という病気の一つとなっていることは、事実だと思います。

法律で禁止されている麻薬などと比べますと、依存症・中毒性と言うのは柔らかな依存症ではあります。

しかし、喫煙が違法ではないことで、最終的には「禁煙は自分の意思」によるということが、禁煙を難しくしているのかも知れません。

喫煙は、自分ばかりでなく、周りの人や自分の子供にも影響が大きいと言われています。
禁煙をしようと思っている人は、この際、健康保険をうまく利用して、禁煙できるように頑張りましょう。

禁煙

禁煙したい人、禁煙セラピーを試してみましょう

以前と比べると、テレビのCMで、禁煙を助ける新しい薬を見かけるようになり、禁煙をしたいと考えている人にとって、朗報ともいえますね。

また、タバコの増税も取り立たされていましたので、この際、喫煙を止めようと考える人も多くなってきていると思いますね。

ところで、最近、禁煙セラピーと言う言葉を聞くようになり、禁煙セラピーについて調べてみました。

「禁煙セラピー」は、イギリス人のアレン・カーが考案した禁煙方法を記した本で、禁煙を考えている人たちにとって、とても話題になっています。

「禁煙セラピー」を書いたアレン・カー自身は、100本/日を33年間続けたヘビースモーカーだったそうです。

そのヘビースモーカーが実践した禁煙方法なので、とても説得力があるようです。

「禁煙セラピー」の本は、世界41カ国でベストセラーになるほどの売上を誇っているようです。

そして、驚くことには、「禁煙セラピー」の読者の禁煙率は、なんと90%とも言われているのです。

禁煙をしたいがなかなか止められない人にとって、禁煙セラピーは非常に注目すべきことですね。

その禁煙セラピーなのですが、ポイントは次のようになっているようです。

1.喫煙は麻薬と同じと認識しなさい:喫煙はニコチン中毒で麻薬中毒と一緒である。喫煙の要求は幻想だということ。

2.禁煙の不安と恐怖について:「タバコをやめるとつまらないのでは」、「集中できない」、「リラックスできない」などと言った思いは、喫煙から生まれ出た幻想である。

3.精神力禁煙法:心理的負担を感じさせ、我慢を強いる禁煙法は危険であり、それ程効果が無い。

4.「ちょっと1本だけ」はだめ:タバコは1本でも中毒に戻ることを肝に銘じなさい。

5.減煙は禁煙に繋がらない:減煙はタバコに対して渇望感を募らせるので、かえって逆効果である。

6.禁煙は人に強制すべきことではない:人に禁煙を強制するとどこかしらで隠れて吸うようになり、「自分はかわいそうだ」と思って自尊心を失う結果になる。

7.何か失敗した時に、禁煙のせいにしてはいけない:何らかの失敗を禁煙のせいにしないこと

こういった考え方をベースにして、禁煙を行うという本です。

禁煙を成功させるなら、自分よりヘビースモーカーだった人で、禁煙に成功した人にその方法を聞くのが一番でしょうね。

そういった意味で、「禁煙セラピー」は、100本/日を33年間続けてきたアレン・カーの実際の行動の実録ですから、非常に信憑性があり、「禁煙セラピー」を読んだ人たちが禁煙に成功する確率が高いのは当然といえるでしょう。

また、グループで行う「禁煙セラピー」等も行われているようなので、利用してみるのも良いです。

このグループで行う「禁煙セラピー」なのですが、グループで討議をしながら行う治療=セラピーで、7割程度の禁煙成功率となっているようです。

車からのタバコのポイ捨てや、歩きタバコは止めるようにして、タバコを吸うマナーを守るようにしたいです。

吸っている本人は気にしないのでしょうが、周りの人に大変迷惑になります。

禁煙

禁煙をしたい方、バレニクリンを試してみては

タバコを吸っている人の中でも、タバコは止めたいのだけどなかなかできないと、悩む方が多いです。

やはり、タバコのニコチンが神経に及ぼす作用と言うのは、相当依存性が高いということだと思います。

私もタバコを試しに吸って見ましたが、身体に合わないとすぐ拒絶してしまいました。

目が廻ってふらふらになり、何も手につかなくなるんですね。

愛煙家の方でも、身体は拒絶しているのが分かっていても、なかなか止めることができずに、これが最後の一本と言いつつも、気がつけばもう一本吸っているのです。

禁煙」は愛煙家と言われる人の中にも、かなりの割合でいらっしゃることは確かなのです。

理由の多くは、「禁煙」をしても、「ニコチン依存症」により、またタバコを吸ってしまうということが多いのが現実なのです。

現在、日本国内でも「禁煙薬」として数種類の「禁煙薬」が承認・販売されているのは、知っていらっしゃるかと思います。

日本で承認販売されている禁煙薬のほとんどは、ニコチンをガムなりパッチなりで補充する薬なので、ニコチン依存症を直接に解消すると言うものではありません。

このニコチンを補充するという禁煙薬の場合では、脳内に成立しているニコチン依存を断ち切ることができないのが現状ですから、やがてタバコに戻って行くこと可能性が高いと言えます。

それら日本で販売されている禁煙薬と比較しますと、欧米では脳内でのニコチン依存が起きている部位に直接働き「中毒を断ち切る」禁煙薬が発売されているので、欧米の方が遥かに禁煙に対する取り組み方が違うのが分かります。

この禁煙薬Bupropron=内服薬での禁煙成功率なのですが、ニコチン補充薬の成績を遙かに上回っているようです。

このBupropronは、現在世界80カ国で安全性と有効性が承認された「禁煙薬」なので、日本においてもその効果がより多くの人に知らしめて、禁煙が進むことを期待するものです。

日本においては、Bupropronの関連の薬として、ファイザー製薬から日本人を対象にした経口禁煙薬バレクニクリンの国内臨床試験の結果が発表され、注目されています。

このバレニクリンは、ニコチンの補充薬と比較して大変に優位な結果をもたらしていて、2008年6月に輸入販売の承認を申請済みとなっています。

禁煙を進めよとしている人たちにとっては、喜ばしいニュースと言えるでしょう。

経口禁煙薬のバレニクリンの働きとしましては、ニコチンと同じアセチルコリン受容体のニコチン受容部位に作用して、禁煙に伴うニコチン依存症を和らげることにより、ニコチンに対する要求を抑えるというものです。

日本において、ながらく喫煙が人間の身体に害であると言われていても、タバコの生産自体がなくならないのは、どのような理由からなのか?

今後、バレニクリンのような神経に直接働きかける経口禁煙薬が、日本において広まるかどうかは大変に注目すべきことである。

禁煙

百害あって一利なしのタバコです

喫煙していた人が、喫煙を止める理由の多くは、タバコの値上がりが占めるでしょう。

実際、タバコの害をテレビや新聞などで広告を出しても、喫煙者にとってはさほど気にしてはいないということです。

しかし、よくよく禁煙をするとこんなに良いことがありますと聞くと、それなら止めて見ようかなと考える人もいると思います。

それで、禁煙効果について少しまとめてみました。

禁煙効果には、いろいろなものがあります。

まず第1の禁煙効果として、癌などの疾患にかかりづらくなると予想されること、ニコチンによる肌荒れが解消され、体調が良くなることでしょう。

タバコの喫煙を通して、一酸化炭素も必然的にかなり吸っていることもあり、禁煙の効果として肌荒れの解消や体調が良くなることは充分ありえます。

また、喫煙をした人がよく言うのですが、禁煙をすると「食欲が出る」「食べ物がおいしく感じられる」ということが挙げられます。

食欲がでることは良いことですが、少食だった人にとっては太ってしまうというデメリットもありえるわけです。

身体に関わること意外では、例えば、小遣いが少ないお父さんの場合なら、禁煙効果として「小遣いが増えること」に繋がりますね。

一般的に、タバコは増税しても反発が少ないので、かなり高い税率になっています。

タバコの値段を1000円にしたら、禁煙が進むのではと言うニュースが流れましたね。

禁煙効果の一つに、「小遣いが増える」ことは、お父さんにとっては大いに助かると言うところでしょうか。

ただ、これも禁煙を続けるための禁煙剤等を買わなければならないとすれば、この費用で相殺になってしまうことも多い見たいです。

スパッと禁煙ができれば、問題ないのですが、、、

その他には、禁煙効果として挙げられる物は、タバコを吸う時間の節約、血圧の上昇の抑制、呼吸が楽になることなどでしょう。

禁煙効果は本人の為と言うメリットもありますが、周囲の人や環境に対するメリットの方が数倍も大きいようです。

例えば、喫煙者が癌になるより、喫煙をしない周りの人が直接タバコの煙を吸うほうが、癌になる確立が高いのだそうです。

また、車からのポイ捨てによる火事であったり、道路が汚れるなど、環境に悪い面を上げますとかなりあることでしょう。

ですから、禁煙効果を考えた場合、本人に対する健康や費用の点でのメリットと周囲へのメリットを考えると、いろいろな面で非常に大きなメリットになることでしょう。

禁煙効果は本人や周囲を含めて大きなメリットがあります。

しかし、それでもタバコをなかなかやめられない、ということも事実のようです。

若い女性の方で喫煙している人は、特に子供に悪影響を及ぼすとのこと、できるかぎり禁煙できるよう頑張りましょう。

禁煙

禁煙セラピーであなたも禁煙できる

喫煙しない私にとって、禁煙は無縁なものですが、タバコを喫煙している人はかなりいらっしゃります。

禁煙をキャンペーンするお医者さんの中にも、喫煙をしている人は多くいて、やはり禁煙と言うのは難しいものだと感じます。

タバコを吸っている人にとって、「禁煙」をするということは、今、ニコチン依存症にかかっている人が、依存することを止めると言うことになるので、病気を治すのと同じことと言えます。

タバコが健康に良くないことは知っていて、それでもなかなかできないのがニコチン依存症ということであり、それを止めるのが禁煙であります。

現在、どこの公共施設に行っても全面禁煙の場所が増えてきていて、なかなかタバコを吸えないことなどから禁煙を考えている人は多いようですが、難しいと言うの実際のとこですね。

「禁煙方法」というのは、いろいろとありますので、すぐに止めることができない場合には、ニコチンをたばこ以外から摂取してその量を減らしていくという方法が、ニコチン依存症の方には効果があるかもしれません。

タバコを止めることのできない一番の理由が、ニコチンの習慣性すなわちニコチン依存症でして、「たばこが吸えないことによるいらいら感が抑えられない」というものなのだそうです

それで、禁煙セラピーなどの紹介で禁煙に成功した人の事例を参考にして、自分の「禁煙方法」に取り入れて見るというのも良い方法でしょう。

「禁煙方法」として、現在、様々あります。

体内のニコチンの量を減少させて体を慣らしていく「禁煙方法」。

たばこを吸いたいという要求を紛らわせてしまう「禁煙方法」。

「禁煙セラピー」という世界的ベストセラー(禁煙成功率90%)を読む「禁煙方法」。

ハッカなどでニコチンの刺激を代替する「禁煙方法」。

どの方法も禁煙したいともう人の状態にあったやり方をするのが良いと思います。

これらの禁煙方法の考案に伴って、禁煙グッズも多種多様にできてきています。


禁煙セラピー

禁煙においてある周期的な喫煙の強い衝動にかられるのだそうで、3日・3週間・3ヶ月毎に、「もう一度吸いたい」という要求が強くなる期間があるようです。

この強い要求を乗り切れば、禁煙は成功したのだと言われています。

最終的に禁煙をするのは、「自分の意思」でやるものです。

強い自分の意思とよく相談し、じっくりと考えてみましょう。

タバコは本人だけでなく、周りの人も巻き込んで悪影響を与えますので、できる限り禁煙することをお勧め致します。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。