体脂肪率

体脂肪率を熟知したタニタの体脂肪率計

体脂肪率に関心ある方でしたら、体脂肪率計を販売している会社として有名なオムロンの他に、タニタと言う会社もご存知かもしれません。

体脂肪率計などのような健康器具は、毎日、使われると言うものでもありませんが、いざと言う時には何かと役に立つものでもあります。

その健康器具を製造販売しているメーカーの中でも、タニタは、体脂肪率計に特徴ある体脂肪率計を販売していることで、注目を浴びている会社であります。

タニタの体脂肪率計は、基本的に体重体脂肪率計に絞られています。

タニタの体重体脂肪率計には、内臓脂肪チェック機能付きのものと体重体脂肪率計の2種類があり、それぞれに精度の高い測定をしています。

タニタの体脂肪率計には、登録人数のセットができるもの、前回測定結果との比較ができ、継続してチェックすることを基本として取り入れているようです。

この継続してチェックが出来る機能により、体脂肪率の変遷を自覚し、ダイエットなどに役立てようと言うものです。

更に高機能なものとして、タニタでは体脂肪率計に自動認識できる機能を付けたものがあります。

毎日、体脂肪率計にて体脂肪率を測るだけで、登録者の中から「あなた」を認識し、自動でデータを呼び出して体組成状態の変化を表すことができるという、かなり優れものです。
体脂肪は、昨日今日で急激に変化するものではありませんので、こういった自動で識別できるのでしょう。

このタニタの「InnerScan 50」は、強化ガラス製の天板を持っていて透明な電極を使うタイプで、非常にデザイン性に優れています。
そして、5人までの登録者を体重や電気抵抗により一人一人を自動判別して、更に、体重・体脂肪率・内臓脂肪・基礎代謝・体内年齢・筋肉量・筋肉量スコア・推定骨量を順番に表示することができ、その増減を続けて表示することが出来るものです。

その他の機能として、地域測定機能・アスリートモード・体重だけの測定・ゲストモードでの測定も可能になっていて、様々な機能を有しています。

健康を維持する為には、継続的な管理が必要であるという考えから、タニタの体脂肪率計は継続して状態を測定していくことに機能を集中させています。

また、測定を如何に簡単にするかも設計・設定のポイントにしているようです。

健康を管理や、ダイエットを考えると、急激な変化は身体によくありませんので、ある程度の期間を有しながらの体脂肪率の測定をすることが大切だと言えます。
タニタの体脂肪率計は、体脂肪率を重視したダイエットをする人向けと言えます。

体脂肪率

体脂肪率計をお考えなら、オムロンがオススメ

オムロンと言いますと、デジタルの体温計のメーカーとして、目にすることが多いのではないでしょうか。
このような健康測定器具は、より正確で使いやすいものへとどんどん変わってきていると思います。

体脂肪率を測定する体脂肪計についても、オムロンから出ている製品には、いろいろな機能がつき便利になっていると思います。

オムロンの体脂肪計には、体重体組成計・カラダスキャンタイプの体重体組成計・体脂肪計の3つの種類があり、それぞれ体脂肪率を測定する装置として販売されています。

オムロンのこの3種類の体脂肪率を測定する装置は、以下のように機能をまとめることが出来ます。

・体重体組成計:体重計でもある体脂肪率測定計の器械に両足でのるだけの「両足測定」と、「1ボタン簡単操作」で毎日の体脂肪率の測定をサポートする機能などが搭載されています。
この機械の特徴は、両足のつま先と踵に測定ポイントがあり、この4点で生体インピーダンスを測定する方法を取っていることです。

・体重体組成計(カラダスキャン):オムロンのカラダスキャンタイプの体重体組成計の特徴は、両足のつま先と踵に加えて両手で測定バーを握り、生体インピーダンスを部位ごとに分けて測定しているところです。
両手、両足のつま先と踵をポイントにして、体の部位別に生体インピーダンスを測定して、それぞれの部位の体脂肪率などを算出し、体脂肪率・基礎代謝量などを表示するようにしています。
精度としては非常に高いものがあるようです。

・体脂肪計:オムロンのこのタイプの体脂肪率計は、身長・体重などの数値を入力して、装置を両手で握って体脂肪率を測定する方法で、比較的簡単に測定できるので、公民館などにも置いてあったりします。
この計測器は、BMIと体脂肪率からの肥満タイプを測定して行くものです。

オムロンは健康の維持・増進のための機器を各種販売している優良メーカーです。
とくに体重体脂肪計での「カラダスキャン」は、内臓脂肪レベル・骨格筋率・基礎代謝・体年齢なども同時に推定できる優れもので、人気も高いです。

体脂肪率というのは、多すぎても少なすぎても健康には障害がとなり、標準の範囲内であることがベストであると言えます。

日々の健康維持のためのコントロールによって、適切な体脂肪率を維持していきましょう。

体重が増えて太ったからと言って、ムチャなダイエットをしたり、痩せ過ぎだからといって、過食したりすることは止めましょう。
自分自身の体脂肪率が標準の範囲内であれば、十分に健康維持することは出来ます。

体脂肪率を考えたダイエットをしましょう。

体脂肪率

体脂肪率計をうまく使いこなしましょう。

家電量販店や健康器具のお店などに行きますと、体脂肪率計が販売されていますが、この体脂肪率計はどのような測定方法で計測されているかご存知でしょうか?

現在の家庭で使える体脂肪率計は、生体インピーダンス法と言う測定方法で測定されているのです。

生体インピーダンスからの体脂肪率測定の原理はどう言うものかと言いますと、水と脂肪が混ざらないことによる身体の中における水と脂肪の比率が異なっているのが分かり、脂肪の量が多いほど生体インピーダンスが上がると言う性質を利用することで測定しています。

この体脂肪率に関する生体インピーダンス法での測定の仕組みは、いろいろとありますが、いくつか代表的なものを上げてみます。

生体インピーダンス測定による体脂肪率計の中には、単独の体脂肪率計と体重計とセットになった体脂肪率測定計があり、それぞれ測定方法があります。

体脂肪率計での体脂肪の測定法は、単独の体脂肪率計であれば、体脂肪率計に身長・体重などの基礎データを入力し、両手で測定装置の該当部分を握り「測定ボタン」を押すという方法で、測定します。

体脂肪率計の測定ボタンを押すことで、人体に微弱な電流が両手を通して流れ、生体インピーダンスが測定されて、体脂肪率が分かるというものです。

一方、体重計とセットになった体脂肪率計においては、体重を測定する際に両足を体重計の所定の部分に載せるわけですが、体重測定と同時に生体内に両足を通して微弱な電流を流し、生体インピーダンスが測定されることにより、体脂肪率などを測定する仕組みとなっているのです。
この両足を載せて、体重と共に測定する方法の場合、両踵がポイントになります。

どちらの方法も、微弱な電流を流すと言う点では同じことなので、手に手袋をはめていたり、足に靴下を履いていると、十分に電流が流れたりしないので、素手、素足で測定することが大切です。

生体インピーダンスによって体脂肪率を推定するには、体脂肪率計の各社でのノウハウによって異なりますが、基本としては微弱な電流を体内に流すことで、水と脂肪の量の違いを測定すると言うものです。

また体脂肪率を測定することによって、体脂肪率・内臓脂肪レベル・骨格筋率・基礎代謝・体年齢なども推定できるので、ダイエットをする際には、これらの数値も役に立ちますので、それらの数値を表示出来るものを選ぶと良いと思います。

また、両手で測定用グリップを握り、電流の位置を変え、部位毎の脂肪率を測定することもできる製品もありますので、目的にあわせて選ばれると良いと思います。

体脂肪率計と一口に言っても、いろいろと測定機能がありますので、自分の目的に合った製品を選ぶなどして、ダイエットであったり健康維持に役立てたりするのが大切だと思います。

体脂肪率

体脂肪率の測定方法にはいろいろあります

メタボリックシンドロームであるかどうかを知るのに一番良い方法は、体脂肪率が年齢的な適正範囲内にあるかどうかで、判断するのがまず大切かと思います。
体脂肪率を測定するのに、市販で売っている器具もありますが、正確に知る方法は他にもいろいろとあります。

一度、正確に測定してみることも良いかもしれません。

体脂肪率が特に注目を集めるようになったのは、現在のメタボリックシンドロームの問題からですが、体脂肪率の測定についてはいろいろな方法があり、一長一短があります。
幾つかその方法について、まとめてみました。

・水中体重秤量法:アルキメデスの原理を応用した方法で水中に全身を沈めて、水中にある体重計で体重を量り、大気中での体重の差から身体密度を計算して測定する方法です。比較的正確な値が出る測定法で、体脂肪率の基準とされる方法ですが、息を吐ききった状態で測定しなければならないので、測定に苦痛を伴うことと、装置が大がかりとなり測定も簡単ではないことが欠点として挙げられます。

・空気置換法:密閉された装置内に人が入り、空気の圧力変化を測定して身体密度を計測する方法です。
水中体重秤量法とほぼ同じ原理の測定であり、比較的正確で苦痛を伴わない方法ですが、同様に、装置が大がかりになる点が欠点です。
大相撲の力士が測定していることで、よく知られている方法でもあります。

・二重エネルギーX線吸収法:二種類の異なる波長のX線を前身に照射し、その透過率の差から身体組成を計測する方法なのですが、本来は骨密度を測定する方法のようです。
一般的に、体脂肪量や筋肉量の測定精度も高く、現在の体脂肪率測定法の中でもかなり正確に分かるので、最もよく使われている方法の一つでもあります。
一番正確かと思いますが、病院での検査となるので、手間が掛かるかと思います。
略称としては、DXA・DEXAと表記されます。

・皮下脂肪厚法(キャリバー法):皮下脂肪厚計を用いて皮下脂肪の厚みを測定し、その後計算式に測定値を代入して計測する方法で、簡便な方法と言えるでしょう。
欠点としては、皮下脂肪の分布に個人差があることや、計測に技能が必要であることから、内臓脂肪の測定ができないことなどがあり、あまり使われる方法ではないようです。

・生体インピーダンス法:身体に微弱な電流を流し、生体のインピーダンスを測定して体脂肪率を推定する方法で最も簡便・普及している方法で、電気店などで体脂肪率計といえばこの方法を取っています。
簡単に測れるという点では便利なのですが、身体状態の差によるインピーダンスの差が大きいことや、生体電気インピーダンスから体脂肪率を推定するノウハウが、測定器メーカー各社でバラバラなので、機器による測定結果にバラツキが大きいことが欠点として挙げられます。

その他として、CT法・MRI法、体内カリウム測定法、超音波法、近赤外分光報、六フッ化硫黄希釈法などがあり、それぞれ一長一短があります。

厳密に体脂肪率を測るとなると、結構大がかりなことになるようですが、一長一短はあるものの、日々計測して健康や、ダイエットに役立てるとするならば、市販で販売している計器の生体インピーダンス法が、一番、安上がりと言えるかと思います。

体脂肪率

ダイエットをする際は、体脂肪率の平均範囲内で

メタボリックシンドロームが大いに話題になっている今日この頃ですが、体脂肪率も健康のバロメーターとして重要な数値でもあります。
ダイエットを考えるならば、この体脂肪率についてもしっかりと知識を蓄えておいた方が、健康管理の上でも大切なことです。

一般的に、体脂肪率は年齢によっても多少違うのですが、平均の範囲に収まっていれば、大丈夫だと言われています。
体脂肪率の平均範囲なんですが、30歳未満で男性で14〜20、女性で17〜24であり、30歳以上であれば男性で17〜23、女性で20〜27位となっているようです。

一般に体脂肪率の平均の多くは、男性15〜19%・女性で20〜25%程度が殆どのようです。ただし、体脂肪率は低ければ良いというものではなく、また、高すぎてもけしてよくありません。

体脂肪率は平均範囲にあるのが最も理想的とされます。
体脂肪率は、現在では家庭用体脂肪率計や体重計についている体脂肪率計などで日常の健康管理に使われている方も多いようです。

体脂肪率は、平均であるのが望ましいのですが、家庭用の体脂肪率計では体に微弱な電流を流して、人体インピーダンスを測定するのが一般的なので、体内の水分量で大きく測定値が変わることもありますので、注意しておく必要があるでしょう。

健康管理の為に体脂肪率を測定するわけですが、測定数値の変動が大きければ、測定する意味がありません。

特に食事の直後などにおいては、測定数値の変動幅が大きいようなので、食事をした後、2時間程度おいてから計測してみることが良いようです。

当然のことですが、信頼できる体脂肪率を把握する為には、時間を含めて一定の状態で測定することが大切です。

体脂肪率の細かい数値変動に、一喜一憂する必要はありません。
なぜなら、体調によって数値は変動するからです。

一週間ほど継続して測定した体脂肪率の平均から判断をすると良くて、30を超えなければさほど心配する必要はありません。
体脂肪率は、14〜25が全体としての平均範囲です。
基本的な目安は、30以下であると考えておきましょう。

ダイエットをされる方であるならば、この体脂肪率についてよく知っておいた方がよろしいです。
極端なダイエットよって、体脂肪率の平均の範囲から大幅にずれてしまうようですと、体調を壊したり、リバウンドの原因にもなりかねません。

体脂肪率をしっかりとチェックしながら、ダイエットに取り組みましょう。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。