基礎代謝 年齢

基礎代謝量は年齢と筋肉量で違ってくる

ダイエットですとかメタボリック症候群解消のためには、基礎代謝に関しての知識はしっかりと持っていたほうが、リバウンドがなく無理の無いダイエットができると思います。無理な痩せかたをした後、大体は体調を崩したり、せっかくの努力が台無しになることが多いのです。

それは、基礎代謝についての十分な理解がないことから来るリバウンドのようなものです。
基礎代謝とは、人が生きて行くために必要でかつ最低限のエネルギーのことを言います。
通常、人は、横になり、安静にしていても、心臓はもちろんのこと、体温を維持するために、筋肉や臓器が活動していますので、必ずエネルギーを消費しているのですが、このエネルギー量のことを「基礎代謝量」と言います。

ご存知でしたか?1日の「総消費エネルギー量」のうち、基礎代謝量は実に約70%を占めてるんですよ。

通常、この基礎代謝量は、生まれてから成長するにつれて代謝量が高くなり、18歳から20歳前後をピークに、その後は徐々に減っていくのだそうです。

一般的には、若い人のほうが代謝量が高い傾向にあり、女性と男性では、女性の方が基礎代謝が低い傾向にあります。
つまり、年齢と性別から見ますと、若い男性が代謝量が高いと言うことです。

女性が代謝量が低い理由としましては、女性は妊娠・出産という大切な役目があるため、男性よりも多くの体脂肪を蓄えておかなくてはならなく、また、筋肉量が少ないことが原因でもあります。

そして、男女共に個人差はあるというものの、一般に40歳を過ぎると急激な下降線をたどる傾向にあります。
これは、加齢によって筋肉が衰えて筋肉の量が減少してしまうからです。

つまり、年齢と共に筋肉量が変化し、基礎代謝量はその筋肉量と共に変化するということなのです。
そして、基礎代謝は身長や体重といった体格にはあまり関係がなく、体の大きさではなく、筋肉量の多い少ないにより影響を受けるのだそうです。

同じ体重で、身長が同じくらいだからといっても、基礎代謝が同じではなく筋肉の量が多い人の方が、基礎代謝が高いということなんです。

筋肉量が多い人ほど、どんどんエネルギーが消費され、脂肪が蓄積しにくい傾向にあるわけです。
逆に言えば、基礎代謝が低い人、即ち筋肉量が少ない人はエネルギーを消費できず、余ったエネルギーが脂肪として体内にストックされるというわけなのです。

基礎代謝は、普段の生活の中で動いている筋肉が消費しているエネルギー量を指しているわけですから、筋肉を鍛えている人は基礎代謝が高いと言うことになります。
ただ、同じように筋肉を鍛えていても、筋肉の質により基礎代謝も変わってくるようなので、自身の筋肉の質を理解して、運動をすることも大切だと思います。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。