健康維持することは、自分を知ることから > 健康体操 > 腰痛体操で、腰痛の予防をしましょう

健康体操

腰痛体操で、腰痛の予防をしましょう

誰でも身体のどこかしらに、痛みを抱えている人は多いと思いますが、中でも肩こりと腰痛の人は、特に多いと思います。

仕事柄、中腰での作業が多い人は、特に腰痛を抱えていることが多いようです。

そういった腰痛から開放されるならば、どれほど良いかと思うのですが、なかなか痛みが解消されなくて、悩んでいるかとも思います。

そこで、今回は、腰痛体操というものを紹介してみたいと思います。

腰痛体操という言葉を、最近、よく耳にすることが多いのではないでしょうか。

市民の健康増進のためにと、各自治体などで開催される体操教室においても、腰痛体操というメニューがあったりするので、かなり浸透してきているかもしれません。

腰の痛みに対し行う体操ではありますが、腰痛体操をしたからと言って、腰痛が治るというのではなく、腰痛の予防をしていくというものです。

腰痛を治すというよりは、腰痛になりにくい身体になるという予防であり、腰周りの筋肉を鍛えるという感じだと言ったほうが良いかもしれません。

腰痛体操のまず重要なポイントは、正しい姿勢をして、腰周りの筋肉をほぐすということです。

運動不足などにより、弱くなった筋肉を鍛えていくわけです。

軽いストレッチをして、固まった筋肉をほぐし、血行を良くし、新陳代謝を高め、リラックスした気持ちになることが大切です。

では、腰痛体操の基本を簡単に説明します。

まず、椅子に浅く腰掛けます。

そして、股を開き背筋を伸ばします。

息を吐きながら、ゆっくりと頭が両足の間に入るぐらいに上半身を曲げ、そして、3つ数えてから、ゆっくりと上半身を元の状態に戻します。

腰と背中を伸ばすというのがポイントの体操で、何度か繰り返すと良いでしょう。

次に、椅子に深く腰掛けておいて、背筋・両腕・肘を充分に伸ばし、胸を大きく張るようにします。

ポイントは、大きく息を吸いながら、ゆっくりと後ろに上半身を反らせようにすることです。

反らした状態で、息を止め、「1.2.3」と数えたら、息を吐きながら元の姿勢に戻します。

これも何度か繰り返すと良いでしょう。

簡単な体操ではありますが、このストレッチに似たような感じが、腰周りの筋肉に少しずつ働きかけて、筋肉を鍛えていくのです。

筋肉は、過度に鍛えようとしますと、反発し悲鳴を上げます。

ですから、無理をしてはいけないのです。

ゆっくりとリラックスした気持ちで行なうのが良いのです。

昨今は、インターネットでサイトを検索してみますと、腰痛や、腰痛体操について数多く紹介されていますね。

それぞれ微妙に違っているかと思います。

自分にあった感じの腰痛体操を見つけるのが良いでしょう。

また、紹介している腰痛体操は、どれも簡単にできるものばかりですから、続けられると思いますので、三日坊主にならないようにしましょう。

腰周りの筋肉をじっくりと鍛えていくことが大切なので、できる限り続けて見ましょう。

<<心身ともにすっきり骨盤ダイエット | 健康維持することは、自分を知ることからトップへ | 健康一番のダンベル体操>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。