健康維持することは、自分を知ることから > 禁煙 > 禁煙をしたい方、バレニクリンを試してみては

禁煙

禁煙をしたい方、バレニクリンを試してみては

タバコを吸っている人の中でも、タバコは止めたいのだけどなかなかできないと、悩む方が多いです。

やはり、タバコのニコチンが神経に及ぼす作用と言うのは、相当依存性が高いということだと思います。

私もタバコを試しに吸って見ましたが、身体に合わないとすぐ拒絶してしまいました。

目が廻ってふらふらになり、何も手につかなくなるんですね。

愛煙家の方でも、身体は拒絶しているのが分かっていても、なかなか止めることができずに、これが最後の一本と言いつつも、気がつけばもう一本吸っているのです。

禁煙」は愛煙家と言われる人の中にも、かなりの割合でいらっしゃることは確かなのです。

理由の多くは、「禁煙」をしても、「ニコチン依存症」により、またタバコを吸ってしまうということが多いのが現実なのです。

現在、日本国内でも「禁煙薬」として数種類の「禁煙薬」が承認・販売されているのは、知っていらっしゃるかと思います。

日本で承認販売されている禁煙薬のほとんどは、ニコチンをガムなりパッチなりで補充する薬なので、ニコチン依存症を直接に解消すると言うものではありません。

このニコチンを補充するという禁煙薬の場合では、脳内に成立しているニコチン依存を断ち切ることができないのが現状ですから、やがてタバコに戻って行くこと可能性が高いと言えます。

それら日本で販売されている禁煙薬と比較しますと、欧米では脳内でのニコチン依存が起きている部位に直接働き「中毒を断ち切る」禁煙薬が発売されているので、欧米の方が遥かに禁煙に対する取り組み方が違うのが分かります。

この禁煙薬Bupropron=内服薬での禁煙成功率なのですが、ニコチン補充薬の成績を遙かに上回っているようです。

このBupropronは、現在世界80カ国で安全性と有効性が承認された「禁煙薬」なので、日本においてもその効果がより多くの人に知らしめて、禁煙が進むことを期待するものです。

日本においては、Bupropronの関連の薬として、ファイザー製薬から日本人を対象にした経口禁煙薬バレクニクリンの国内臨床試験の結果が発表され、注目されています。

このバレニクリンは、ニコチンの補充薬と比較して大変に優位な結果をもたらしていて、2008年6月に輸入販売の承認を申請済みとなっています。

禁煙を進めよとしている人たちにとっては、喜ばしいニュースと言えるでしょう。

経口禁煙薬のバレニクリンの働きとしましては、ニコチンと同じアセチルコリン受容体のニコチン受容部位に作用して、禁煙に伴うニコチン依存症を和らげることにより、ニコチンに対する要求を抑えるというものです。

日本において、ながらく喫煙が人間の身体に害であると言われていても、タバコの生産自体がなくならないのは、どのような理由からなのか?

今後、バレニクリンのような神経に直接働きかける経口禁煙薬が、日本において広まるかどうかは大変に注目すべきことである。

<<百害あって一利なしのタバコです | 健康維持することは、自分を知ることからトップへ | 禁煙したい人、禁煙セラピーを試してみましょう>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。