健康維持することは、自分を知ることから > 禁煙 > 百害あって一利なしのタバコです

禁煙

百害あって一利なしのタバコです

喫煙していた人が、喫煙を止める理由の多くは、タバコの値上がりが占めるでしょう。

実際、タバコの害をテレビや新聞などで広告を出しても、喫煙者にとってはさほど気にしてはいないということです。

しかし、よくよく禁煙をするとこんなに良いことがありますと聞くと、それなら止めて見ようかなと考える人もいると思います。

それで、禁煙効果について少しまとめてみました。

禁煙効果には、いろいろなものがあります。

まず第1の禁煙効果として、癌などの疾患にかかりづらくなると予想されること、ニコチンによる肌荒れが解消され、体調が良くなることでしょう。

タバコの喫煙を通して、一酸化炭素も必然的にかなり吸っていることもあり、禁煙の効果として肌荒れの解消や体調が良くなることは充分ありえます。

また、喫煙をした人がよく言うのですが、禁煙をすると「食欲が出る」「食べ物がおいしく感じられる」ということが挙げられます。

食欲がでることは良いことですが、少食だった人にとっては太ってしまうというデメリットもありえるわけです。

身体に関わること意外では、例えば、小遣いが少ないお父さんの場合なら、禁煙効果として「小遣いが増えること」に繋がりますね。

一般的に、タバコは増税しても反発が少ないので、かなり高い税率になっています。

タバコの値段を1000円にしたら、禁煙が進むのではと言うニュースが流れましたね。

禁煙効果の一つに、「小遣いが増える」ことは、お父さんにとっては大いに助かると言うところでしょうか。

ただ、これも禁煙を続けるための禁煙剤等を買わなければならないとすれば、この費用で相殺になってしまうことも多い見たいです。

スパッと禁煙ができれば、問題ないのですが、、、

その他には、禁煙効果として挙げられる物は、タバコを吸う時間の節約、血圧の上昇の抑制、呼吸が楽になることなどでしょう。

禁煙効果は本人の為と言うメリットもありますが、周囲の人や環境に対するメリットの方が数倍も大きいようです。

例えば、喫煙者が癌になるより、喫煙をしない周りの人が直接タバコの煙を吸うほうが、癌になる確立が高いのだそうです。

また、車からのポイ捨てによる火事であったり、道路が汚れるなど、環境に悪い面を上げますとかなりあることでしょう。

ですから、禁煙効果を考えた場合、本人に対する健康や費用の点でのメリットと周囲へのメリットを考えると、いろいろな面で非常に大きなメリットになることでしょう。

禁煙効果は本人や周囲を含めて大きなメリットがあります。

しかし、それでもタバコをなかなかやめられない、ということも事実のようです。

若い女性の方で喫煙している人は、特に子供に悪影響を及ぼすとのこと、できるかぎり禁煙できるよう頑張りましょう。

<<禁煙セラピーであなたも禁煙できる | 健康維持することは、自分を知ることからトップへ | 禁煙をしたい方、バレニクリンを試してみては>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。