健康維持することは、自分を知ることから > 禁煙 > 禁煙セラピーであなたも禁煙できる

禁煙

禁煙セラピーであなたも禁煙できる

喫煙しない私にとって、禁煙は無縁なものですが、タバコを喫煙している人はかなりいらっしゃります。

禁煙をキャンペーンするお医者さんの中にも、喫煙をしている人は多くいて、やはり禁煙と言うのは難しいものだと感じます。

タバコを吸っている人にとって、「禁煙」をするということは、今、ニコチン依存症にかかっている人が、依存することを止めると言うことになるので、病気を治すのと同じことと言えます。

タバコが健康に良くないことは知っていて、それでもなかなかできないのがニコチン依存症ということであり、それを止めるのが禁煙であります。

現在、どこの公共施設に行っても全面禁煙の場所が増えてきていて、なかなかタバコを吸えないことなどから禁煙を考えている人は多いようですが、難しいと言うの実際のとこですね。

「禁煙方法」というのは、いろいろとありますので、すぐに止めることができない場合には、ニコチンをたばこ以外から摂取してその量を減らしていくという方法が、ニコチン依存症の方には効果があるかもしれません。

タバコを止めることのできない一番の理由が、ニコチンの習慣性すなわちニコチン依存症でして、「たばこが吸えないことによるいらいら感が抑えられない」というものなのだそうです

それで、禁煙セラピーなどの紹介で禁煙に成功した人の事例を参考にして、自分の「禁煙方法」に取り入れて見るというのも良い方法でしょう。

「禁煙方法」として、現在、様々あります。

体内のニコチンの量を減少させて体を慣らしていく「禁煙方法」。

たばこを吸いたいという要求を紛らわせてしまう「禁煙方法」。

「禁煙セラピー」という世界的ベストセラー(禁煙成功率90%)を読む「禁煙方法」。

ハッカなどでニコチンの刺激を代替する「禁煙方法」。

どの方法も禁煙したいともう人の状態にあったやり方をするのが良いと思います。

これらの禁煙方法の考案に伴って、禁煙グッズも多種多様にできてきています。


禁煙セラピー

禁煙においてある周期的な喫煙の強い衝動にかられるのだそうで、3日・3週間・3ヶ月毎に、「もう一度吸いたい」という要求が強くなる期間があるようです。

この強い要求を乗り切れば、禁煙は成功したのだと言われています。

最終的に禁煙をするのは、「自分の意思」でやるものです。

強い自分の意思とよく相談し、じっくりと考えてみましょう。

タバコは本人だけでなく、周りの人も巻き込んで悪影響を与えますので、できる限り禁煙することをお勧め致します。

<<1人暮らしの健康な食事 | 健康維持することは、自分を知ることからトップへ | 百害あって一利なしのタバコです>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。