健康維持することは、自分を知ることから > 健康 食事 > 高齢者になるほどに健康な食事の大切さが分かります

健康 食事

高齢者になるほどに健康な食事の大切さが分かります

若いうちはあまり気を使うことのない健康ですが、年と共に健康の大切さをあらためて知り、健康に気を使うことが増えると思います。

中でも健康な食事を取ると言う最も基本的なことが、一番に取り組みやすいことではないでしょうか?

健康な食事を取ることは、健康への基本であり、私たちにとって最も大切なことであると言えます。

特により高齢者になればなるほど、健康な食事を取ることは毎日元気に過ごすための絶対に欠かせないことだと言えます。

不健康な食事を続けている人が、高齢者になったときに健康でいられると言う道理はありません。

高齢者が毎日元気に過ごすためには、高齢者の周りの人はもちろんのこと、高齢者自身も健康な食事についてのしっかりとした知識を持ち、健康な食事を取ることを心がけることが大切であると言えます。

高齢者の健康な食事について、いくつか紹介したいと思います。
参考にしていただけると幸いです。

<バランスのいい食事を取ること>
主食、主催、副菜をなるべくそろえて、3食しっかり食事を取るようにして、栄養が偏らないように気をつけましょう。

<小さく刻みトロミをつけること>
高齢者のほとんどの人が老化に伴い噛む力が低下し、飲み込みが上手くできないことによるむせてしまったりして、喉につかえてしまうことが多々あります。
高齢者の食事は食べやすく小さく刻んだり、トロミをつけるなどして、手軽に摂取できるようにしてあげるのが良いです。

<カルシウムを取るようにすること>
高齢者は骨粗しょう症などにより骨折しやすく、骨折により歩けなくなったり、身体の動きが難くなることが多くなってきます。
牛乳やヨーグルトなど、カルシウムの多い食品をなるべく摂るように心がけることが大切です。
カルシウムの摂取を促進するビタミンDなども、できるだけ取れるようにしてあげましょう。

<味付けは薄めにすること>
高齢者は老化に伴い味覚が低下しがちとなりますので、味の濃いものを好むようになり、必然的に塩分摂取が高くなりがちとなり、高血圧の原因ともなります。
料理の味付けの際に、醤油や塩などの入れすぎに注意してください。
手間は少々掛かりますが、昆布やカツオなどのダシを上手く利用することで、醤油や塩といった調味料の使用をなるべく抑えることができ、塩分の取りすぎを抑えられます。

<水分をしっかり補給すること>
高齢者は老化に伴い喉の渇きを感じるのが難くなり、脱水症状を起こしやすくなりますので、こまめに水分を補給してあげる必要があります。
のどの渇きがなくても、定期的に水分を摂取するように促してあげましょう。

ざっと高齢者の健康な食事について、注意すべき点を上げてみましたが、これらの他にも細かなことはたくさんあるかと思いますが、多少なりとも気を使ってあげて、明るく元気な毎日を過ごすことができるようにしてあげましょう。

高齢者が健康な食事を取って元気に過ごせるようになれば、本人はもちろんのことその周りの人においても、明るい生活を過ごすことができるようになると思います。

家族みんなが明るく過ごすということが、健康な食事を更に健康的なものとしていくことの秘訣となると思います。

家族皆さんが健康でありますように。

家族の健康に不足しがちな栄養素を補完してあげましょう。

<<自分自身の必要摂取カロリーを知ろう | 健康維持することは、自分を知ることからトップへ | 1人暮らしの健康な食事>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。