健康維持することは、自分を知ることから > 体脂肪率 > 体脂肪率計をうまく使いこなしましょう。

体脂肪率

体脂肪率計をうまく使いこなしましょう。

家電量販店や健康器具のお店などに行きますと、体脂肪率計が販売されていますが、この体脂肪率計はどのような測定方法で計測されているかご存知でしょうか?

現在の家庭で使える体脂肪率計は、生体インピーダンス法と言う測定方法で測定されているのです。

生体インピーダンスからの体脂肪率測定の原理はどう言うものかと言いますと、水と脂肪が混ざらないことによる身体の中における水と脂肪の比率が異なっているのが分かり、脂肪の量が多いほど生体インピーダンスが上がると言う性質を利用することで測定しています。

この体脂肪率に関する生体インピーダンス法での測定の仕組みは、いろいろとありますが、いくつか代表的なものを上げてみます。

生体インピーダンス測定による体脂肪率計の中には、単独の体脂肪率計と体重計とセットになった体脂肪率測定計があり、それぞれ測定方法があります。

体脂肪率計での体脂肪の測定法は、単独の体脂肪率計であれば、体脂肪率計に身長・体重などの基礎データを入力し、両手で測定装置の該当部分を握り「測定ボタン」を押すという方法で、測定します。

体脂肪率計の測定ボタンを押すことで、人体に微弱な電流が両手を通して流れ、生体インピーダンスが測定されて、体脂肪率が分かるというものです。

一方、体重計とセットになった体脂肪率計においては、体重を測定する際に両足を体重計の所定の部分に載せるわけですが、体重測定と同時に生体内に両足を通して微弱な電流を流し、生体インピーダンスが測定されることにより、体脂肪率などを測定する仕組みとなっているのです。
この両足を載せて、体重と共に測定する方法の場合、両踵がポイントになります。

どちらの方法も、微弱な電流を流すと言う点では同じことなので、手に手袋をはめていたり、足に靴下を履いていると、十分に電流が流れたりしないので、素手、素足で測定することが大切です。

生体インピーダンスによって体脂肪率を推定するには、体脂肪率計の各社でのノウハウによって異なりますが、基本としては微弱な電流を体内に流すことで、水と脂肪の量の違いを測定すると言うものです。

また体脂肪率を測定することによって、体脂肪率・内臓脂肪レベル・骨格筋率・基礎代謝・体年齢なども推定できるので、ダイエットをする際には、これらの数値も役に立ちますので、それらの数値を表示出来るものを選ぶと良いと思います。

また、両手で測定用グリップを握り、電流の位置を変え、部位毎の脂肪率を測定することもできる製品もありますので、目的にあわせて選ばれると良いと思います。

体脂肪率計と一口に言っても、いろいろと測定機能がありますので、自分の目的に合った製品を選ぶなどして、ダイエットであったり健康維持に役立てたりするのが大切だと思います。

<<体脂肪率の測定方法にはいろいろあります | 健康維持することは、自分を知ることからトップへ | 体脂肪率計をお考えなら、オムロンがオススメ>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。