健康維持することは、自分を知ることから > 体脂肪率 > 体脂肪率の測定方法にはいろいろあります

体脂肪率

体脂肪率の測定方法にはいろいろあります

メタボリックシンドロームであるかどうかを知るのに一番良い方法は、体脂肪率が年齢的な適正範囲内にあるかどうかで、判断するのがまず大切かと思います。
体脂肪率を測定するのに、市販で売っている器具もありますが、正確に知る方法は他にもいろいろとあります。

一度、正確に測定してみることも良いかもしれません。

体脂肪率が特に注目を集めるようになったのは、現在のメタボリックシンドロームの問題からですが、体脂肪率の測定についてはいろいろな方法があり、一長一短があります。
幾つかその方法について、まとめてみました。

・水中体重秤量法:アルキメデスの原理を応用した方法で水中に全身を沈めて、水中にある体重計で体重を量り、大気中での体重の差から身体密度を計算して測定する方法です。比較的正確な値が出る測定法で、体脂肪率の基準とされる方法ですが、息を吐ききった状態で測定しなければならないので、測定に苦痛を伴うことと、装置が大がかりとなり測定も簡単ではないことが欠点として挙げられます。

・空気置換法:密閉された装置内に人が入り、空気の圧力変化を測定して身体密度を計測する方法です。
水中体重秤量法とほぼ同じ原理の測定であり、比較的正確で苦痛を伴わない方法ですが、同様に、装置が大がかりになる点が欠点です。
大相撲の力士が測定していることで、よく知られている方法でもあります。

・二重エネルギーX線吸収法:二種類の異なる波長のX線を前身に照射し、その透過率の差から身体組成を計測する方法なのですが、本来は骨密度を測定する方法のようです。
一般的に、体脂肪量や筋肉量の測定精度も高く、現在の体脂肪率測定法の中でもかなり正確に分かるので、最もよく使われている方法の一つでもあります。
一番正確かと思いますが、病院での検査となるので、手間が掛かるかと思います。
略称としては、DXA・DEXAと表記されます。

・皮下脂肪厚法(キャリバー法):皮下脂肪厚計を用いて皮下脂肪の厚みを測定し、その後計算式に測定値を代入して計測する方法で、簡便な方法と言えるでしょう。
欠点としては、皮下脂肪の分布に個人差があることや、計測に技能が必要であることから、内臓脂肪の測定ができないことなどがあり、あまり使われる方法ではないようです。

・生体インピーダンス法:身体に微弱な電流を流し、生体のインピーダンスを測定して体脂肪率を推定する方法で最も簡便・普及している方法で、電気店などで体脂肪率計といえばこの方法を取っています。
簡単に測れるという点では便利なのですが、身体状態の差によるインピーダンスの差が大きいことや、生体電気インピーダンスから体脂肪率を推定するノウハウが、測定器メーカー各社でバラバラなので、機器による測定結果にバラツキが大きいことが欠点として挙げられます。

その他として、CT法・MRI法、体内カリウム測定法、超音波法、近赤外分光報、六フッ化硫黄希釈法などがあり、それぞれ一長一短があります。

厳密に体脂肪率を測るとなると、結構大がかりなことになるようですが、一長一短はあるものの、日々計測して健康や、ダイエットに役立てるとするならば、市販で販売している計器の生体インピーダンス法が、一番、安上がりと言えるかと思います。

<<自分の体脂肪率を知って、肥満度を知ろう | 健康維持することは、自分を知ることからトップへ | 体脂肪率計をうまく使いこなしましょう。>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。