健康維持することは、自分を知ることから > 体脂肪率 肥満 > 自分の体脂肪率を知って、肥満度を知ろう

体脂肪率 肥満

自分の体脂肪率を知って、肥満度を知ろう

太っている人はもちろんのこと、痩せている人にとっても、体脂肪率というのは、とても重要な数値です。
太っている人は、メタボリックシンドロームが叫ばれているので、かなり気になるかと思いますが、痩せている人にとっても、体脂肪率が低いというのは、よくありません。

体脂肪率とは、自分の体重の中の脂肪の割合のことを意味しています。
体脂肪率を測定する時というのは、自分の肥満度を確認する場合が多いと思います。
それで、この肥満度に冠しては「肥満度(BMI)] という指標もあります。

この肥満度(BMI) は、以下の計算式で分かります。

肥満度(BMI)=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

肥満であるかどうかを判別する上では、簡単な方法といえます。

しかし、肥満度(BMI)というのは、筋肉などの付き方などによって大きく変わってきます。
ですから、同じBMIであっても肥満かどうかの判断が正確にできるというわけではないようです。

正確に、本質的な肥満を確認するためには、体脂肪率を確認することが必要になってきます。

一般に、体脂肪率は体脂肪率計で測定できます。
体脂肪率計がない場合の体脂肪率の簡易計算は、次の式となります。

体脂肪率(%)=体脂肪量(kg)÷体重(kg)×100

体脂肪率の計算自体は簡単ではありますが、体脂肪量がどのくらいの量なのかを知ることが難しいのです。

この体脂肪量を計算し、なおかつ体脂肪率を計算する方法なのですが、キャリバー法体脂肪率計算法というのがあります。

このキャリバー法は、キャリバー(皮下脂肪厚計)を用いて皮下脂肪の厚みを測定して計算する方法ですが、次の式で計算されています。

体表面積(平方センチ)=72.46×身長の0.725乘×体重の0.425乘、
Y:係数=皮脂厚合計(mm)×体表面:平方センチ÷10,000÷体重(kg)×100、
身体密度:D=1.0923-0.000514×Yを計算後、
次式により体脂肪率を計算する。

体脂肪率(%)=(4.570/D(身体密度)-4.412)×100

この皮下脂肪厚法は簡便な方法ですが、皮下脂肪厚の分布に個人差があること、測定に技能が必要なこと、内臓脂肪の測定ができないことなどいくつかの欠点があることに注意が必要です。

皮下脂肪厚法においても肥満度を測るには、もう一つのところがありますが、BMIはよりは正確に測れますので、一度試してみてはいかがでしょうか?

なかなか正確に、肥満であるかどうかの判断を下すのは難しいですが、中でも皮下脂肪厚法は上記の欠点を理解していれば、かなり正確に分かると思います。
いずれにしても、肥満には気をつけたいものです。

<<ダイエットをする際は、体脂肪率の平均範囲内で | 健康維持することは、自分を知ることからトップへ | 体脂肪率の測定方法にはいろいろあります>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。