健康維持することは、自分を知ることから > 体脂肪率 > ダイエットをする際は、体脂肪率の平均範囲内で

体脂肪率

ダイエットをする際は、体脂肪率の平均範囲内で

メタボリックシンドロームが大いに話題になっている今日この頃ですが、体脂肪率も健康のバロメーターとして重要な数値でもあります。
ダイエットを考えるならば、この体脂肪率についてもしっかりと知識を蓄えておいた方が、健康管理の上でも大切なことです。

一般的に、体脂肪率は年齢によっても多少違うのですが、平均の範囲に収まっていれば、大丈夫だと言われています。
体脂肪率の平均範囲なんですが、30歳未満で男性で14〜20、女性で17〜24であり、30歳以上であれば男性で17〜23、女性で20〜27位となっているようです。

一般に体脂肪率の平均の多くは、男性15〜19%・女性で20〜25%程度が殆どのようです。ただし、体脂肪率は低ければ良いというものではなく、また、高すぎてもけしてよくありません。

体脂肪率は平均範囲にあるのが最も理想的とされます。
体脂肪率は、現在では家庭用体脂肪率計や体重計についている体脂肪率計などで日常の健康管理に使われている方も多いようです。

体脂肪率は、平均であるのが望ましいのですが、家庭用の体脂肪率計では体に微弱な電流を流して、人体インピーダンスを測定するのが一般的なので、体内の水分量で大きく測定値が変わることもありますので、注意しておく必要があるでしょう。

健康管理の為に体脂肪率を測定するわけですが、測定数値の変動が大きければ、測定する意味がありません。

特に食事の直後などにおいては、測定数値の変動幅が大きいようなので、食事をした後、2時間程度おいてから計測してみることが良いようです。

当然のことですが、信頼できる体脂肪率を把握する為には、時間を含めて一定の状態で測定することが大切です。

体脂肪率の細かい数値変動に、一喜一憂する必要はありません。
なぜなら、体調によって数値は変動するからです。

一週間ほど継続して測定した体脂肪率の平均から判断をすると良くて、30を超えなければさほど心配する必要はありません。
体脂肪率は、14〜25が全体としての平均範囲です。
基本的な目安は、30以下であると考えておきましょう。

ダイエットをされる方であるならば、この体脂肪率についてよく知っておいた方がよろしいです。
極端なダイエットよって、体脂肪率の平均の範囲から大幅にずれてしまうようですと、体調を壊したり、リバウンドの原因にもなりかねません。

体脂肪率をしっかりとチェックしながら、ダイエットに取り組みましょう。

<<体脂肪率は肥満かどうかの指標である | 健康維持することは、自分を知ることからトップへ | 自分の体脂肪率を知って、肥満度を知ろう>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。