健康維持することは、自分を知ることから > 体脂肪率 肥満 > 体脂肪率は肥満かどうかの指標である

体脂肪率 肥満

体脂肪率は肥満かどうかの指標である

メタボリックシンドロームが内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に高血糖・高血圧・高脂血症のうち2つ以上を合併した状態で、病気の予兆を示すものとして注目されていますが、体脂肪率についても、おろそかにできないものがあります。
今日は、その体脂肪率について書いて見ようかと思います。

体脂肪率とは、通常は人(動物)の体内に含まれる脂肪の割合のことをいいます。
一般的には、肥満における肥満度の指標となっていますね。

大抵、体脂肪率は、低ければ低いほど良いと思われがちですが、体脂肪率が低すぎると体温の低下や、エネルギーを作り出すための脂肪が少なすぎることによる筋力の低下を招くことがあったり、極度の体脂肪率低下によるホルモンバランスの異常から、女性の場合、生理不順や早発性閉経などの異常を招くこともあり、体脂肪率が適度であることは大切なことです。

従って、適正な体脂肪率が人間にはあるということを、理解しておかなければなりません。
男性の場合の適正な体脂肪率は、30歳未満で14〜20%程度、30歳以上で17〜23%程度で、女性の場合は30歳未満で17〜27%、30歳以上で20〜27%とされています。

ただし、男性・女性の両方の場合とも、この数値は世界標準ではなく一般的な肥満の判定基準とされているようです。

ところで、体脂肪率の測定については、いろいろな方法があります。
大がかりなものとしては「水中体重秤量法」、「空気弛緩法」、「CT,MR法」、ゴールドスタンダードといわれる「二重エネルギーX線吸収法」など、物理的に測定する方法がまず上げられます。
その他には、皮下脂肪厚法などの簡易測定法などもあります。

現在では、生体インピーダンス法といわれる人体に微弱な電量を流して、生体インピーダンスから体脂肪率を推定する方法が標準的とされていて、市販されている体脂肪率測定装置はほとんどこの方法を取っています。

しかし、この生体インピ−ダンスを用いる方法にはいくつか欠点があります。
体調などの影響や測定装置の体脂肪率ノウハウの差、筋肉質の人と一般の人ではインピーダンスが異なる、ペースメーカー使用の場合は使用できないなど、不十分な点がるのも確かです。

それでも、体脂肪率を手軽に測定できると言うことにおいては、多少誤差があるとは言うものの生体インピーダンス法は、他の方法と比べると良い方法と言えます。
自身の体脂肪率を把握することで、毎日の健康を管理しやすく、肥満防止にも繋がるかと思います。

<<ダイエットの成功は基礎代謝量を増やすこと | 健康維持することは、自分を知ることからトップへ | ダイエットをする際は、体脂肪率の平均範囲内で>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。